自分の文章をきれいな英語に直す方法

きれいな英文でスムーズなコミュニケーションを!

英訳はどのようにしていくか

ざっくりと書いてみよう

最初のステップとしてはまず、日本語の文章を直訳していきましょう。
この時点では文脈は意識しなくて大丈夫です。
とりあえず、知っている単語や文法を駆使してそのまま訳してみます。
英語の文章に直すことで、英語の脳で文章を考えることができるようになるのです。

第2のステップとして、出来上がった文章を整えていきます。
ここで大切なのが、英語にしたときの違和感です。
学校の授業などで求められるような文章を作るのは簡単ですし、言いたいことは伝わります。

けれども、それでは日本人、つまりネイティブではない人が書いたことが明らかで、本来伝えたいニュアンスとは違って伝わる可能性があります。

ですので、かしこまった文章なのか、それとも友人同士で交わされるような軽い雰囲気にしたいのかなど、その文章にどのような印象を持たせたいのかを念頭に置いて、文章を成形していきましょう。

より英語らしく直す

ある程度成形したら、第3のステップに進みます。
次に考えるべきなのは英語の言い回しです。
このサイトの冒頭でもお話ししたように、日本語の意味に限りなく近い、英語ならではの言い方を文章に織り込んでみましょう。

辞書を使っても良いですし、ネットの英会話に関するページでも調べることができますので、参考にしてください。

最後のステップでは、文章全体をもう一度整えます。
ここまでくると、ほとんど完成に近い状態ですが、ここに少し英語圏らしい言い方を加えて整えてみましょう。

英語は、言いたいことをはじめにはっきり言う文章であると言いました。
日本人としては、「この記事では〇〇について説明します。」と書いてある方がしっくりきますよね。
けれども、せっかく英語で書くのですから、欧米らしく「この記事で〇〇について説明します。」というように、何がどうするのか、ということを明確にしてみると、英語圏の人々には馴染みやすくなります。


このコラムをシェアする