自分の文章をきれいな英語に直す方法

きれいな英文でスムーズなコミュニケーションを!

日本語と英語の違い

グローバル化の進む近年は、観光地や町、デパートなど、あちこちで外国語での表記が日本国内でも多く見られますよね。
私が先日大阪に旅行に行ったときも、大阪城など主要な観光地はほとんど外国人観光客で埋め尽くされており、驚きました。

そんな日本で急がれるのが、特に共通言語とされる英語に、日本語を翻訳していくこと。
多くの方が学生時代に、授業や試験で和文英訳の問題を解いたことがあると思います。
まさしく、現代で必要となっているのがこの英訳で、様々なところで標識や注意書きの英語化がすすんでいます。

しかし、その英訳が日本語のニュアンスをきちんと表現できているか、となると、問題があります。
例えば、日本ではよく朝型と夜型、という言葉を使いますよね。
では、これを英語にするとどうなるでしょうか。
直訳すれば、morning_person、night_personとなります。
もちろん文法上間違ってはいませんが、英語圏では伝わりにくいようです。

では、英語圏で伝わるようにするにはどうすればよいのでしょうか。
英語でよく使われる表現として、朝型と夜型を鳥に例えることがあります。
朝型はlark(ヒバリ)、夜型はowl(フクロウ)といいます。

このように、日本語に合うような英語の単語を探すというよりは、英語圏独特の感覚や、言い回しに近づけた方が、よりきれいで伝わりやすい英文になります。

このサイトでは、自分の文章をきれいな英語に直すためのポイントや、注意点をお教えします。
また、英訳する際の手順を簡潔なステップにまとめてご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。